編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

「Microsoft 365」アプリで「Internet Explorer 11」のサポート終了

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-23 10:27

 Microsoftは、「Outlook」「Microsoft Teams」などの「Microsoft 365」ウェブアプリで「Internet Explorer 11」(「IE 11」)のサポートを終了している。IE 11からMicrosoft 365にアクセスする際に不具合が生じても、サポートは提供されない。

 米国時間8月17日にMicrosoft 365でIE 11のサポートが終了した。多くの米ZDNet読者には、意外なことではないはずだ。同社は、主要な「Office365/Microsoft 365」アプリのIE 11のサポートを終了することを1年前の同日に発表しているためだ。

 Microsoftによるサポートは終了したが、アプリがすぐに機能しなくなるわけではない。ただし、Microsoft 365ユーザーがTeamsやOutlookなどのアプリのウェブ版をIE 11で使い続けようとすると、今後ユーザー体験が低下する可能性がある。

 IE 11はMicrosoftの真にレガシーなブラウザーの1つだ。同社は、独自のブラウザーエンジンを備えた「Microsoft Edge」をあきらめ、「Chromium」ベースのEdgeに切り替えている。

 Microsoft 365のブログには、「Microsoft 365アプリとサービスのサポートはIE 11で利用できなくなった」と書かれている。

 「さらに、IE 11でMicrosoft 365アプリやサービスにアクセスすると、新しい機能はないと考えてほしい。これらのアプリとサービスが切断されるまで、日々のユーザー体験は徐々に悪くなる可能性がある」

 アプリやサービスの切断、リダイレクトといった今後のエクスペリエンスの変更について、Microsoftはバナーを使ってユーザーに知らせる予定だ。

 Microsoftは、IE 11をMicrosoft 365から切り離すことで、一部のユーザーの痛手になるかもしれないと認めているが、ChromiumベースのMicrosoft Edgeを使用することで状況が改善するとしている。

 2月には、「この変更で、一部のお客様にご迷惑をおかけするが、Microsoft 365を最大限に活用していただくため、新しいMicrosoft Edgeを使用することをお勧めする」と述べていた。

 「今回の変更により、日常的に使用されているOutlook、Teams、SharePointといったツールやサービスの多数の機能にウェブアクセスするスピードと応答性が向上するという利便性をMicrosoft 365の個人ユーザーと法人ユーザーに提供できると考えている」(Microsoft)

 Microsoftは、IE 11に依存するレガシービジネスアプリケーションを使用しているユーザーのためにIE 11を引き続き維持するが、2022年6月15日には「Windows 10」の多くのバージョンでIEデスクトップアプリのサポートを終了する予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]