編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

レノボ、「TruScale」拡大--デバイスからクラウドまで「Everything-as-a-Service」で提供へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-09-09 11:46

 Lenovoは米国時間9月8日、すべてのポートフォリオをサービスとして提供すると発表した。「Lenovo TruScale」ブランドの下、ポケットに収まるようなデバイスからクラウドに至るまで、単一の契約で「Everything-as-a-Service」(EaaS)として提供する。

 これにより、Lenovoが今までに提供してきた「アズアサービス」オプションは、単一の新サービスに統合される。TruScaleブランドはこれまで、同社の従量課金型データセンターサービスなどで用いられてきた。またこの新サービスには、既に提供されているサービスとしてのデバイスソリューション「Lenovo Device as a Service(DaaS)」も含まれている。

 この消費ベースの新サービスは、ITインフラとサービスという観点でより高い柔軟性を必要とする、新たなハイブリッドワークモデルに対応するためのものとなっている。

 LenovoのソリューションおよびサービスグループのプレジデントKen Wong氏は声明で、「私たちは日々、最高情報責任者(CIO)らから、自社の組織のテクノロジーのニーズは12~18カ月ごとに進化していると聞いている」とし、「Lenovo TruScaleで、顧客はeverything-as-a-serviceで、1つのソリューション、1つのプロバイダー、1つの契約フレームワーク、そして単一のアカウンタビリティーに期待できる」と述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]