編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

IDCフロンティア、マルチクラウドコンテナー管理サービスを拡充

ZDNet Japan Staff

2021-09-29 11:57

 IDCフロンティアは、コンテナー環境のマネージドサービス「IDCFクラウド コンテナ」を同社の「IDCFプライベートクラウド」にも対応させたと発表した。パブリッククラウドサービス環境と同社のクラウドリソースを占有的に利用するプライベートクラウド環境をまたがるコンテナー環境を一元的に利用できるようになる。

 IDCFクラウド コンテナは5月に開始したサービスで、マルチクラウドと企業顧客の自社データセンター(オンプレミス)におけるKubernetesによるコンテナー環境の運用管理をIDCフロンティアが行う。Kubernetesのツールとしては、SUSEのディストリビューション「SUSE Rancher」を採用している。

 新メニューは、同社の東京・有明のデータセンターで提供している「IDCFプライベートクラウド TypeV 2020(最小物理ホスト6台構成)」でもIDCFクラウド コンテナが利用可能になる。他の拠点との接続における遅延は、有明のデータセンター構内では0.1ミリ秒、都内(WAN経由)では1ミリ秒以下とし、利用料金は月額16万円を上限とする従量課金となっている。

利用イメージ
利用イメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]