編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

「AWS Lambda」でArmベース「Graviton2」プロセッサーが利用可能に

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-10-04 12:46

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間9月29日、「AWS Lambda」でArmベースのプロセッサー「AWS Graviton2」が利用可能になったと発表した。

AWS
提供:Getty Images

 このサービスは、米国東部(バージニア北部)、米国東部(オハイオ)、米国西部(オレゴン)、欧州(フランクフルト)、欧州(アイルランド)、欧州(ロンドン)、アジアパシフィック(ムンバイ)、アジアパシフィック(シンガポール)、アジアパシフィック(シドニー)、アジアパシフィック(東京)で利用可能だ。

 AWSによると、このArmプロセッサーはx86プロセッサーと比べてパフォーマンスを最大19%高めつつ、コストを20%低く抑えられるという。

 AWSはブログで、「このコストの低減に加えて、Armアーキテクチャーを活用している関数は、Graviton2プロセッサーが持つパフォーマンスとセキュリティのメリットを享受できる。また、マルチスレッド機能やマルチプロセッシング機能を使用する、あるいは大量のI/O処理を実行するワークロードは、実行時間が短縮され、結果としてより低コストで利用できるようになる」と述べている

 また、「これは、AWS Lambdaが最大10GBのメモリーと6基の仮想CPU(vCPU)に対応している現在、非常に有益だ」としている。

 AWSによると、「Amazon Linux 2」上で動作するNode.jsのリリース12と14のほか、Pythonのバージョン3.8と3.9、Javaのバージョン8と11、「.NET Core 3.1」、Rubyのバージョン2.7のランタイムすべてがArmに対応しているという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]