編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
米ZDNet編集長Larryの独り言

マルチクラウドの導入進む、AWSとMicrosoft Azureの差は?--Flexeraレポート

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2021-03-16 06:30

 Flexeraが発表したレポート「2021 State of Cloud Report」によれば、調査対象となったほぼすべてのエンタープライズ企業のクラウド戦略でマルチクラウドを採用している一方で、費用のコントロールに苦労している。また、Microsoft Azureは、引き続きAmazon Web Services(AWS)との普及率のギャップを縮めた。

 レポートでは、クラウド導入に関するさまざまな要素や、この数年間のコンテナ、セキュリティ、最適化をめぐるトレンドに焦点を当てている。

 Flexeraのレポートでは、これまでと同様に、AWS、Microsoft Azure、Google Cloudがトップ3のパブリッククラウドプロバイダーだとされている。そして、マルチクラウドの導入はAWSとMicrosoft Azureの2社での競争になっていることがあらためてうかがえる。Google Cloudも多くのワークロードを抱えており、重要なプロバイダーの1つに位置づけられている。

 各パブリックプロバイダーについて、回答者はそのクラウドでアプリケーションを稼働させているか、そのクラウドを試しているか、利用する計画の有無などを明らかにした。多くの回答者は複数のクラウドを利用しているという。調査対象のうち、50%がAWSで「多くのワークロードを実行している」と答えており、同様に41%がAzureで多くのワークロードを実行していた。Google Cloudで多くのワークロードを実行している企業は22%だった。

 ただし、調査対象企業の間では、どのクラウドプロバイダーでもワークロードが増えていた。Oracle CloudとGoogle Cloudの成長が加速している点にも注目すべきだろう。

クラウド導入率(前年比)

 調査対象となったエンタープライズ企業の92%がマルチクラウド戦略を採用しており、80%がハイブリッドクラウドのアプローチを取っている。またFlexeraは、49%でクラウドによってワークロードがサイロ化されており、45%でデータがクラウド間で統合されていると述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]