編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
VMWorld

ヴイエムウェアとNVIDIAが連携強化、エンタープライズAI開発をシンプルに

Aimee Chanthadavong  (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-10-06 13:23

 VMwareは米国時間10月5日、年次イベント「VMworld 2021」で、NVIDIAとの提携拡大の成果を発表した。企業は「VMware vSphere with Tanzu」と「NVIDIA AI Enterprise」ソフトウェアスイートを利用し、自社の人工知能(AI)プロジェクトを試すことができるようになる。両社は、AI開発とアプリケーション管理をよりシンプルなものにすることを目指しており、この取り組みはその取り組みの一環となる。

NVIDIA
提供:NVIDIA

 NVIDIAによると、vSphere with Tanzuにまで評価対象を拡大することで、開発者は既存の「VMware」環境内の「Kubernetes」コンテナー上でAIワークロードを実行できるようになる。また、NVIDIA AI Enterpriseソフトウェアスイートは、メインストリームのNVIDIA認定システム上で動作し、AI開発に適切なソフトウェア、ハードウェアのスタック一式を提供するという。

 VMwareのクラウドインフラストラクチャー事業グループマーケティング担当バイスプレジデントLee Caswell氏は報道陣に対して、「NVIDIAは、次世代クラウドにおけるアプリケーションレベルのコンポーネントすべてを構築するために投資し、その目標に向けてまい進してきている。これにより今では、コンテナーベースの『NVIDIA GPU Cloud』(NGC)のライブラリー群を、KubernetesによってオーケストレーションされたVMware環境内で実行できるようになり、開発者とインフラの世界を橋渡しする能力が実現された」と述べた。

 VMwareは3月に、NVIDIA AI Enterprise関連の発表を行った。この発表時には、NVIDIA AIのワークロードは「VMware vSphere 7」の認定仮想化プラットフォーム上でのみ実行可能だった。しかしNVIDIAが8月にNVIDIA AI Enterpriseの一般提供開始を発表したことで、「VMware vSphere」が稼働しているメインストリームのサーバー上でのAIワークロードの仮想化が可能になった。

 NVIDIAのエンタープライズ製品管理担当バイスプレジデントJohn Fanelli氏は、「われわれのエンジニアリングチームは一致団結しており、今回の真の目的は完全に機能するAIプラットフォームを顧客に提供するとともに、それをKubernetesのグリッドに追加する能力の素晴らしさをパフォーマンス面から確認するというものだ」と述べた。

 さらにNVIDIAは、VMwareの「Project Monterey」をサポートする早期アクセスプログラムにLenovoが参加すると発表した。

 Project MontereyはVMworld 2020カンファレンスで発表された。データセンター、クラウド、エッジ向けにハイブリッドクラウドアーキテクチャーを再定義することにフォーカスしたものとしてVMwareは想定している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]