編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

NECとFacebook、欧州と米国を結ぶ光海底ケーブルの建設開始

NO BUDGET

2021-10-12 11:33

 NECはFacebookと、欧州と米国を結ぶ超大容量光海底ケーブルのシステム供給契約を締結し、建設を開始した。同ケーブルはFacebookが計画と運用、NECが建設を担当する。同ケーブルは、NECとして初めて手掛ける北大西洋横断ケーブル。

 今回使用するケーブルには、NECが新たに開発した48心(24ファイバーペア)の海底ケーブルを世界で初めて採用したという。これにより、ケーブル単体では32心のケーブルと比較して1.5倍の伝送容量を実現し、毎秒0.5ペタビット(0.5Pbps)の設計容量が可能となる。これは、中継器による光増幅が必要な長距離光海底ケーブルとしては世界最大容量の超大容量伝送だとしている。

 欧州と米国を結ぶ北大西洋地域は、2021〜2035年の間にデータ通信量が約20倍になると予測され、高い成長率を示している。NECは、こうしたデータ通信量の増加に対応するため、光海底ケーブルの大容量化を進めている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]