マニュライフ生命保険、「LINE WORKS」導入で顧客とのコミュニケーション手段を拡充へ

河部恭紀 (編集部)

2021-10-12 11:34

 マニュライフ生命保険は、全営業職員を対象にビジネスチャット「LINE WORKS」の導入を11月から予定している。同ツールを提供するワークスモバイルジャパンが10月11日に発表した。

 保険商品を提供するマニュライフ生命保険によると、新型コロナウイルス感染症の拡大により、保険の相談や申し込みへのオンライン対応についてニーズが高まっていたという。これを受け、非対面の相談を希望する顧客や遠隔地に住む顧客が利用できるオンライン面談システムを導入するなど、多様な生活習慣への適応と顧客の利便性向上に向けた取り組みを始めている。

 これまでは、営業職員と顧客の連絡に電話やメールが使われていたが、コミュニケーションアプリ「LINE」とつながるLINE WORKSを営業職員に導入することで、顧客はLINEでのコミュニケーションを選択できるようになる。マニュライフ生命保険は、オンラインでのコミュニケーション手段を拡充し、さらなる顧客の利便性向上を目指すとしている。

2021年11月よりサービス開始は予定されている
2021年11月よりサービス開始は予定されている
(出典:ワークスモバイルジャパン)

 LINE WORKSは、チャットやスタンプに加えて、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートといった現場で活用できるグループウェア機能をそろえたビジネスチャット。ワークスモバイルジャパンによると、PCやタブレットのほか、スマートフォンだけでもほとんどの機能が使えるため、オフィスワークだけでなく、拠点や店舗といった現場での活用が進んでいるという。

 同社は、企業におけるコミュニケーションやビジネスシーンでの情報共有を円滑にし、業務効率向上に貢献する取り組みを進めていくと述べている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]