編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

セールスフォース、「Field Service」をアップデート--複雑な作業やカスタマイズに対応

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-10-29 10:37

 Salesforceは米国時間10月28日、「Salesforce Field Service」を一連のツールでアップデートしたと発表した。顧客はより複雑な作業を処理したり、ワークフローをカスタマイズしたりできるようになる。

Salesforce's Field Service platform can now accommodate video calls between customers and field service representatives, potentially eliminating the need for a field call to troubleshoot issues.
提供:Salesforce

 Salesforce Field Serviceは、フィールドサービス技術者を派遣と管理するためのプラットフォームだ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが発生して以来、需要の変動に直面しているが、最も急成長を遂げている同社製品の1つになる。

 「Scheduling and Optimization Engine」を改善し、複数の技術者やサービスフェーズを必要とする作業を手際よく処理できるようにした。例えば電力会社の場合、新しい電柱を立てるための穴を掘り、電柱と電線を設置して、近くの建造物に配線を追加するといった一連の作業を計画できる。これにより企業は、作業員の割り当てをより適切に管理できるだろう。

 Field Serviceに、プログラミングモデルの「Lightning Web Components」が搭載され、Field Serviceモバイルアプリを高度な機能やワークフローでカスタマイズできるようになった。このコンポーネントにより、ホームセキュリティ企業向けに合理化したワークフローなど、業界専用のアプリケーションが実現する。

 また、新しいセルフサービス型スケジュール機能を用意して、顧客が自身の予約をスケジュール、キャンセル、確認、日程変更できるようにした。技術者のスケジュールとサービスリソースはそれに伴い、自動的に調整される。

 さらに「Visual Remote Assistant」の双方向ビデオ機能により、エージェントと顧客はビデオチャットを介してやり取りし、問題を解決できる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]