編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

NTT Com、除雪業務の効率化を実証--AIが積雪状況を可視化

NO BUDGET

2022-02-07 14:43

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は、積雪量の多い地域における除雪業務の効率化と住民サービスの向上を目指し、人工知能(AI)で積雪状況を分析・可視化する実証実験を開始した。山形県の協力のもと米沢市と高畠町で実施し、現地の積雪状況をリアルタイムに「可視化プラットフォーム」の地図に表示する。

 車載したクラウド録画カメラサービス「coomonita(コーモニタ)」で撮影した映像を加工し、HERE Technologiesの「HERE Maps API」を活用して地図にマッピングする。coomonitaでは、カメラで撮影した映像をクラウドで管理するため、PCやスマートフォンから時間や場所を問わず映像を確認でき、AIなどと組み合わせることが可能。

 山形県は、県内全域が「豪雪地帯」に指定される全国有数の豪雪県として知られる。米沢市と高畠町は、積雪により住民の生活に著しい支障が生じる恐れのある地域として「特別豪雪地帯」に指定されている。2020年度は12月中旬の雪の降り始めから3月末までに、米沢市では約1400件、高畠町では約300件の除雪などに関する問い合わせがあり、積雪状況や除雪の緊急度把握が大きな課題となっている。

 同実証の元となるアイデアは、NTT Comの社内ビジネスコンテスト「DigiCom」と社内新規事業創出プログラム「BI challenge」で生まれ、同実証はその事業化に向けた取り組みの一つとして実施される。

 同実証は、2つのステップで実施される。ステップ1では、道路を中心とした積雪状況の映像データを収集。個人情報をマスキングした上で、可視化プラットフォームの地図に画像として表示し、可視化したデータを自治体へ提供する。期間は2月4~28日。ステップ2では、積雪状況、道路の幅員、事故、道路陥没状況などをAIで画像分析し、結果を自治体へ2022年12月に提供する予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]