インテル、RISC-V Internationalに加盟--10億ドル規模の基金設立も

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-02-08 12:54

 オープンハードウェア標準の世界的団体であるRISC-V Internationalは米国時間2月7日、Intelが同団体のPremier会員になったと発表した。

 Intelはこれまで、クローズドソースの複合命令セットコンピューター(CISC)であるx86プロセッサーから膨大な額の売上高を手にしてきた。その同社が今回、オープンソースの縮小命令セットコンピューター(RISC)のプロセッサーを推進する団体に参加することになった。次は何が起こるのだろうか。犬と猫が一つ屋根の下に住むようになるのだろうか。

 RISC-Vの共同開発者であるDavid Patterson氏は、同プロセッサーの命令セットを誰の物でもなく、すべてのチップメーカーが使用できるコンピューターチップ向けのオープンなリングワフランカ(共通語)にする上で尽力した。Patterson氏は同日、「50年前にマイクロプロセッサー分野の先駆けとなったIntelがRISC-V Internationalの会員になったことをうれしく思っている」と述べた

 今回の加盟の理由はどこにあるのだろうか?IntelはArmとx86、RISC-Vのすべてが重要な役割を果たす未来を見ているためだ。同社は、特にRISC-Vに関するより広範な知的財産(IP)とチップ製品に向けた堅調な需要があることを既に把握している。

 またIntelは、初期段階にあるファウンドリー新興企業をサポートする目的で、10億ドル(約1200億円)規模のファンドを設立すると発表した。Intel CapitalとIntel Foundry Services(IFS)は協力して、チップのIPやソフトウェアツール、革新的なチップアーキテクチャー、先進的なパッケージテクノロジーに対する投資を優先していくという。IFSのプレジデントであるRandhir Thakur氏は、この新規プログラムで業界における2つの重要戦略に注力していくと述べた。これらの戦略とは、オープンなチップレットプラットフォームを用いたモジュラー型製品の実現と、x86とArm、RISC-Vを網羅、包含する、複数の命令セットアーキテクチャーを活用した設計アプローチのサポートだ。

 これらイニシアチブの一環として、IFSはオープンソースのソフトウェア開発プラットフォームに資金を提供していく。これによりIFSは、代表的な業界標準アーキテクチャーとなっている3つのチップアーキテクチャーすべてにIPを提供する。

 RISC-Vは従来からモジュール型のオープンなビルディングブロックを提供してきている。IntelとRISC-V Internationalが手を組むことで、RISC-Vのエコシステムが拡大されるとともに、商用化に向けて進んでいくための力となるはずだ。

 RISC-V Internationalの理事会及び技術運営委員会に参加することになったIFSのカスタマーソリューションエンジニアリング担当バイスプレジデントのBob Brennan氏は、「RISC-Vの成長と普及を加速し、チップ設計者に向けた価値を最大化する上で、オープンソースのソフトウェア/ハードウェアが有するリッチなエコシステムは必要不可欠だ。Intelは、フリーでオープンなRISC-V命令セットアーキテクチャーの成長を支えることを光栄に思っている」と述べた

 またIntelは、埋め込み型のコアから高性能コアに至るまでの、IFSのすべてのシリコン上でRISC-Vがうまく動作するよう、同社IPの最適化にも取り組んでいく。

 IntelはこれまでにRISC-Vチップを提供している。同社の「Nios Vプロセッサー」はRISC-Vをベースとしている。同社はRISC-Vへの新たな投資がRISC-Vの開発を加速させることに期待している。

 RISC-V Internationalの最高経営責任者(CEO)Calista Redmond氏は、「オープンソースに対する大規模投資は歴史の流れを変える力を有している」と確信している。また同氏は、今回のコラボレーションが「半導体業界に大きな変革をもたらすきっかけとなり、(今回の)パートナーシップによってオープンコンピューティングのイノベーションが加速されていくだろう」と語った

 IntelとRISC-Vが協力し、大きな流れを変えることになる。RISC-Vは今日を境に、プロセッサーに対する興味深いアプローチから、プロセッサーの力の源へと大きく変化していくだろう。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]