シスコ、Splunkに買収提案との報道

ZDNet Japan Staff

2022-02-14 11:09

 Cisco SystemsがSplunkに買収を提案しているとThe Wall Street Journal(WSJ)が報じている。提示された買収額は200億ドル(約2兆3000億円)超だという。

 WSJは、「この件に詳しい関係者」の話として、両社は現在「活発に話し合っているわけではない」と伝えている。

 Splunkは統合ログ管理プラットフォームなどを手掛ける。ウェブサイト、アプリケーション、サーバー、ネットワークセンサー、デバイスなどから生成されるマシンデータを収集、インデックス化し、検索、分析できるようにするソフトウェアを提供している。同社のソフトウェアは、ITシステムの管理やDevOps、セキュリティなどで活用できる。2021年11月には最高経営責任者(CEO)を務めていたDoug Merritt氏が退任し、Graham Smith氏が暫定CEOに指名されている。

 CiscoはこれまでにもSplunkとデータセキュリティに関するパートナーシップを組んでいる。買収が実現すれば、シスコのネットワークセキュリティにおける強みをSplunkのソリューションで一層強化できる。またWSJは、Ciscoがソフトウェア事業を重視する動きを強化する狙いがあると指摘している。

 合意に至れば、Ciscoにとって最大規模の買収となる。同社は2021年にAcacia Communicationsを約45億ドルで買収した。2000年代半ばにはScientific Atlantaを約70億ドルで買収している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]