編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

資生堂、ITサービス管理で社内DXを推進強化--人事申請も効率化

NO BUDGET

2022-02-24 16:18

 資生堂は、社内のデジタル変革(DX)を推進する目的でServiceNowの「IT Service Management」と「HR Service Delivery」を導入した。ServiceNow Japanが2月22日に発表した。

 IT Service Managementについては、業務用のシステムやアプリケーションの不具合、リカバリーに関する対応プロセスを標準化できると判断。従業員の業務負荷を軽減し、グループ全体の生産性向上につなげる。

 現在、国内事業向けアプリケーションのITサービスのうち約60%、ITインフラについては100%がIT Service Managementに集約されているという。

 アプリケーションをノーコード/ローコードでアジャイルに開発できる点や社内のデータを単一プラットフォームに一元化に安全な状態で運用できる点、拡張性が高い点が評価された。

 HR Service Deliveryは、人事関連の申請業務をデジタル化するための基盤として採用された。従来、資生堂のグループ会社を含める国内拠点では、従業員による各種手当や育児・介護休暇など人事に関する申請業務を紙書類やメールなどでやりとりしていたが、申請側と受理側の双方にとって負担が大きく、申請から承認まで時間を要していた。

 今回の導入により、従業員がPCやスマートフォンなどから専用ポータルにアクセスし、メニューの中から申請項目を選択、承認者に申請が届き承認を得られた後、その通知が申請者に届くというプロセスの簡素化を図った。

 また、申請後の処理状況もリアルタイムに確認可能になった。人事マスターとの連携によって、社員番号を入力するだけで従業員の基本情報が自動登録されるようになったこともあり、導入前と比較して申請1件当たり平均60分ほどが削減されているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]