海外コメンタリー

クラウドコストの上昇で注目高まる「FinOps」

Joe McKendrick (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2022-03-30 06:30

 クラウドコンピューティングの幕が開けた最初の数年間は、コスト削減が導入に向けた原動力となっていた。しかし今日において、企業はクラウドコストの高騰に直面するようになっている。そして、そういったコスト高に対処するためのプロセスとして、「FinOps」という言葉が注目を集めるようになってきている。

As cloud costs spiral upward, enterprises turn to a thing called FinOps
提供:Joe McKendrick

 Flexeraが最近、世界各地にいる技術およびビジネスのプロフェッショナル753人を対象に実施した調査への回答を元に作成、公表した「Flexera 2022 State of the Cloud Report」(クラウドの状況レポート2022年版)によると、組織は依然として多額のクラウド支出を無駄にしており、企業幹部の66%はクラウド利用が「今年当初の計画より多かった」と回答しているという。また、回答者らはそういった無駄がクラウド支出の32%に達していると推定しており、この値は2021年における調査での30%から増加している。

 さらにレポートの著者らは、「多くの組織は無駄の量を過小評価する傾向があるため、支出の効率が悪くなる可能性が高く、支出の平均額はさらに高まる可能性もある」と記している。そして、パブリッククラウドへの支出は現時点で予算を平均13%超過しており、向こう12カ月で平均29%増加すると見込まれている。

 また中小企業では、クラウドコンピューティングへの年間支出が120万ドル(約1億4000万円)を超えているとした回答者の割合は53%であり、2021年の38%から増加している。そして大企業では、クラウドコンピューティングへの年間支出が120万ドルを超えているとした回答者の割合は80%であり、2021年の値(83%)とほとんど変わっていない一方、年間1200万ドル(約14億円)を超える金額を費やしているとした回答者の割合は37%であり、これも2021年の値(36%)から大きく変わっていない。なおクラウドプロバイダー別に見た場合、年間1200万ドルを超える金額を費やしている大企業の割合は「Amazon Web Services」(AWS)で18%、「Microsoft Azure」で15%、「Google Cloud」で7%となっている。

 このように、クラウドサービスには膨大なコストが投入されている。しかも月額料金の多くは、使われていない、あるいは使用頻度の低いものの、誰も説明することのできない多数のサービスに費やされている。企業の中には、どこかの部署の誰かが何らかのテストを実行するために3年前に契約し、テストの終了後に放置してしまったクラウドインスタンスの費用を支払い続けているところもあるだろう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]