編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

「Rust」ベースのランサムウェア「BlackCat」、60以上の組織に被害--FBIが注意喚起

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-04-26 14:05

 米連邦捜査局(FBI)は、新たに発表したアラートの中で、プログラミング言語「Rust」で書かれたランサムウェアを使用していることで知られる攻撃グループ「BlackCat」が、2022年3月時点で、世界で少なくとも60の組織に被害を与えたことを明らかにした。

 BlackCatは、ALPHVという名前でも知られる比較的新しいRaaS(Ransomware as a Service)だ。セキュリティ専門家は、同グループには2021年5月に米国最大規模の石油パイプライン企業Colonial Pipelineを攻撃したランサムウェアグループ「BlackMatter」(別名DarkSide)とのつながりがあると考えている。

 BlackCatは2021年12月以降、スイスの空港管理サービス企業であるSwissportやドイツの石油会社2社など、複数の知名度の高い企業に打撃を与えているとみられる。

 BlackCatの活動の多くは欧州の重要インフラ企業に集中しているが、Cisco Talosは3月のレポートで、このグループによる攻撃の30%以上が米国企業を標的としたものだと述べている。

 FBIは、BlackCat/ALPHVの攻撃の兆候について詳しく説明するアラートの中で、「『BlackCat/ALPHV』は、2022年3月までに、少なくとも世界の60の事業体に被害を与えているRaaS(Ransomeware as a Service)で、パフォーマンスと信頼性に優れた並列処理を実現する安全なプログラミング言語だと考えられているRustを使用して大きな成功を遂げた最初のランサムウェアグループだ」と述べている。

 「BlackCat/ALPHVの開発者やマネーローンダラーの多くはDarkside/BlackMatterとつながりがあり、ランサムウェア攻撃の広範なネットワークと経験を有していることが分かる」(FBI)

 BlackCatは、過去に侵害されたユーザーの認証情報を使用して被害組織の企業に対する最初のアクセスを獲得している。その後、グループは「Microsoft Active Directory」のユーザーアカウントや管理者アカウントを奪い、「Windows」の「タスクスケジューラ」を使用して、ランサムウェアを展開できるようにグループポリシーオブジェクトを設定する。

 BlackCatは、「PowerShell」のスクリプトなどの正規のWindowsツールを使用し、マルウェア対策ツールのセキュリティ機能を無効化する。「Windows Sysinternals」などの管理者ツールも利用する。「MySQL Server」などにランサムウェア実行ファイルを展開するほか、ネットワーク上の他の場所にランサムウェアをコピーする。

 グループは、暗号化を実行する前にデータを盗み、身代金を支払わなければ情報を流出させると脅す「二重恐喝」を行っているようだ。

 Ciscoは、BlackCatやその関連グループが「Microsoft Exchange Server」の脆弱性を悪用している可能性は低いと述べていたが、先週になって、Trend Microの研究者が、調査中にBlackCatがExchangeの脆弱性(CVE-2021-31207)を悪用していることを確認したと主張している。これは、2021年半ばに発見された「ProxyShell」と呼ばれる脆弱性の1つだ。

 Trend Microによれば、BlackCatは、WindowsとLinux、VMwareのESXi環境で動作するバージョンのマルウェアを持っているという。

 米サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁(CISA)は組織に対し、FBIのアラートを確認するよう促している

 FBIは身代金の支払いを推奨していない。また、タスクスケジューラで認識されていないスケジュールのタスクを見直すことや、ドメインコントローラー、サーバー、ワークステーション、新規ユーザーや認識されていないユーザーアカウントのアクティブなディレクトリーなどを再確認するよう促している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]