編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

早稲田大学、研究支援・財務システムを「Microsoft Azure」へ移行

NO BUDGET

2022-06-17 15:27

 早稲田大学は、「SAP ERP」と「SAP HANA」を基盤とした研究支援/財務システムを「Microsoft Azure」(Azure)へ移行するプロジェクトを完了した。移行を支援したBeeXが発表した。新システムによる本格運用は2021年10月に開始され、現在まで問題なく稼動している。

 同大は2015年、SAP ERPとSAP HANAを基盤とする研究支援/財務/文書管理システム・ワークフローの導入を決定し、2016年1月~2018年4月に展開を進めてきた。

 だが今回、ハードウェアの取替時期を迎えたことから、運用性の向上や事業継続計画(BCP)対策の強化を目的にAzureへ移行した。

 導入プロジェクトでは、2020年11月に要件定義と本番環境の一部をAzureへ移行する概念実証(PoC)を実施し、この結果を基に2021年4月から6カ月間かけて、移行設計、プログラム改修、移行リハーサル、テストなどを進め、同年10月上旬にシステムの移行を完了させた。

 BeeXは、要件定義から稼動フォローまで全ての工程をサポートし、6カ月という短期間での新システムへの移行に貢献したと説明する。同大は、BeeXのエンジニアがSAPの豊富な機能を熟知していること、SAPの移行経験も多く技術レベルが高いことなどを評価している。また、クラウドやSAP BASISに関する技術力、問い合わせや課題に対する回答のスピード・質にも満足しているという。

 今後同大では、Azureに移行した研究支援/財務システムのOS、ミドルウェア、アプリケーションのサポート終了(EOS)に備え、2022年度から順次バージョンアップを実施する予定。また現在オンプレミス環境で稼動しているシステムをクラウドへ移行し、オンプレミスのシステムは極小化していく方針だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]