編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

ワコール流通、3Dシミュレーションで倉庫内の移動を最適化

ZDNet Japan Staff

2022-06-22 13:29

 衣料品流通のワコール流通(滋賀県)は、ゼネテックが手掛ける3Dシミュレーションソフト「FlexSim」を利用して倉庫内の移動を最適化し、AGV(無人搬送車)の活用で数百万円のコスト削減を図るなどの成果を上げているという。両社が6月22日に発表した。

 ワコール流通は、ワコール製品の国内外における物流を担っている。衣類品を繊細に取り扱うことや重さのある商品を正確に配送する必要があり、パワーアシストスーツを利用した作業負荷の軽減や倉庫における棚レイアウト、コンテナーボックス配置などの検証といった取り組みで生産性の向上を推進してきた。

 これまで倉庫内の移動の最適化は、実際に棚レイアウトやコンテナーボックスを配置し、人が動かして検証していたが、多くの人や時間を必要とすることが課題になっていたという。このため、3Dシミュレーションソフトを利用して、実際に人や物が移動しなくても効果を検証できる仕組みを導入した。

ワコール流通での3Dシミュレーションの実行画面(出典:ゼネテック)
ワコール流通での3Dシミュレーションの実行画面(出典:ゼネテック)

 FlexSimを使ったシミュレーションでは、棚のレイアウトやコンテナーボックスの配置、商品を移動するAGVの動き、ピッキングを行う人の動線を3Dコンピューターグラフィックスで再現し、さまざまなパターンを可視化、検証して、最適な効果が得られる配置や動き、導線などの工夫をしているとのことだ。

 現状で既に、AGVの導入台数を最適化して数百万円のコストを削減したほか、ピッキングなどの倉庫内の移動歩数を約25%削減した。また、作業工程の最適化で商品の滞留時間や各階を移動する垂直搬送機の待ち時間が削減されるなどの効果も出ているという。

 ワコール流通では、今後も最適化の取り組みを継続していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]