編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

キヤノンITS、需要・需給計画システムに外部データ活用機能を搭載

ZDNet Japan Staff

2022-06-28 10:20

 キヤノンITソリューションズは6月28日、需要・需給計画システムソリューションの最新版となる「FOREMAST V3.3」を発表した。新たにコーザルデータを活用できるようになり、7月1日に提供を開始する。

 FOREMASTは、サプライチェーン(供給網)管理における需要予測と需給シミュレーションなどの計画の機能を提供するもので、ソフトウェアおよびシステム構築サービスなどで構成される。

 最新版では、天気や気温、物価指数といった外部のコーザルデータの収集と、コーザルデータを用いた実績値の補正や需要予測を実行できるようになった。コーザルデータの活用では機械学習技術を利用し、気象条件の変化に応じたさまざまな需要予測の精度向上が期待されるという。標準では気象業務支援センターのデータに対応し、それ以外は個別対応になる。

 ライセンスを含む最小費用は2500万円から。主な販売先は、年商300億円以上の製造業の需給管理部門や流通業の商品発注部門になる。

システム構成イメージ
システム構成イメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]