日生不動産が「Bill One」導入--3人体制での請求書業務を改善へ

NO BUDGET

2022-09-06 10:48

 日生不動産は、Sansanが提供するクラウド請求書受領サービス「Bill One」を導入した。Sansanが発表した。

 Bill Oneは郵送で届く紙の請求書やメールに添付されるPDFの請求書など、あらゆる請求書をオンラインで受領・データ化し、月次決算の加速を促すサービス。また、2023年10月に導入されるインボイス制度に対応するべく、新たな機能の開発を進めている。

 受領サービスでは、電子帳簿保存法にも対応しており、さまざまな形式で受け取る請求書の振り分けや、紙で受け取った請求書をスキャンしてデータ化するなど、アナログな作業をデジタル化できる。また請求書発行サービスでは、ユーザーが請求書ファイルと送付先情報をBill One上にアップロードするだけで、請求書を電子発行することが可能。

 日生不動産では従来、アナログな請求書受領/発行業務に課題を抱えており、業務を効率化できるソリューションを模索していた。同社では毎月1000件に及ぶグループ各社分の請求書を3人体制で受け取り、振り分けやスキャン、会計システムへの入力作業を行っていた。受領する請求書のほとんどが紙の請求書であり、紛失のリスクを抱えてしまうと同時に、複数拠点での回覧に時間と工数がかかっていた。

 今回の導入によって全ての請求書をクラウド上で受け取れるため、管理が容易になるとともに、作業に掛かる工数を削減できる。日生不動産はグループ各社分の請求書をまとめて発行しており、ほとんどが紙の請求書だった。しかしBill Oneの導入によって紙の請求書を発行する際に要していた印刷・封入・郵送にかかる作業時間や費用を大幅に削減し、請求書発行業務のデジタル化を推進できるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]