新日本空調、クラウドHPCでデータセンターの空調設計を高速化

NO BUDGET

2022-10-18 17:12

 新日本空調は、RescaleのクラウドHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)プラットフォーム「Rescale」を活用し、重要な空調技術の計算工学をクラウドに移行させた。Rescale Japanが発表した。

 同プラットフォーム導入後、新日本空調では計算流体力学(CFD)シミュレーションが最適化、高速化された。同社では、エンジニアリングの俊敏性が劇的に加速され、コンサルティングサービスの技術力が強化されたとしている。

 同社は、Rescaleと従来のオンプレミス環境を使い、床面積が56平方メートル、サーバラック16台、IT機器発熱量192キロワットのサーバー室における温度変化のシミュレーションを行った。シミュレーションでは、1分間の空調停止による急激な温度上昇及び空調復旧後の温度回復を想定した。その結果、温度変化の解析にかかる時間が、オンプレミス環境で25日かかったのに対し、Rescaleは4日で解析できた。

データセンターにおけるサーバ室内の温熱環境CFDシミュレーションのイメージとサーバ室内温度変化解析
データセンターにおけるサーバ室内の温熱環境CFDシミュレーションのイメージとサーバ室内温度変化解析

 Rescaleは、超音速ジェット機から個別化医療までの幅広い分野において、インテリジェントなフルスタックの自動化とパフォーマンスの最適化を実現する。Rescaleを活用し、最新かつ最適なクラウド技術で計算効率の向上に注力することで、ユーザーは従来のオンプレミス環境よりも高いリソース利用率と最適なパフォーマンスを実現し、計算ハードウェアと冷却インフラの両方の電力消費量を削減できるという。

 今回のサーバー室でのシミュレーションは、空間メッシュを約540万要素、時間間隔を0.008秒として計算を行った。計算に要した時間は、オンプレミス計算機(Intel Xeon Gold 6246×8並列)とRescaleプラットフォーム(AMD EPYC 7742×44並列)との比較で、76%の時間短縮となった。

 新日本空調は、この結果についてクラウドベースで計算能力を最大限に生かしきるというRescaleの導入は予想を超えた効果をもたらしたと評価した。さらに、今後もRescaleを活用して大規模解析や非定常解析、連成解析等の高度なシミュレーション技術を用いたコンサルティングサービスを展開していきたいとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]