IBM、433量子ビット搭載の量子プロセッサー「Osprey」を発表

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-11-10 13:19

 IBMは米国時間11月9日、433量子ビットを搭載した新たな量子プロセッサー「IBM Osprey」を発表した。これは量子コンピューティングにおける究極の目標に向けた、着実な進歩を感じさせる成果と言えるだろう。2021年に発表された同社の量子コンピューターと比べて3倍以上の量子ビット数を実現したことで、新システムでは計算能力が著しく向上している。

量子プロセッサー「IBM Osprey」
提供:IBM Research

 同社は量子コンピューティングの商用化に向けて何年にもわたって堅実に取り組んできており、GoogleやIntelのような大企業や、D-WaveやRigetti Computingといった早くから開発に注力している専門企業、Atom ComputingPasqalのような最近の新興企業としのぎを削っている。量子コンピューティングは、スマートウォッチやスーパーコンピューターに用いられている従来型のテクノロジーでは手に負えない難題を解決できるとされている。

 量子コンピューターが革命的な進歩を遂げるまでにはまだ何年もの時が必要だ。しかし最終的な目標を達成するために、計画の各段階を着実に踏んでいくことは重要だ。こういった進歩がなければ、数十億ドルもの投資資金が枯渇し、量子分野における冬の時代の到来によって業界が冷え込むことにもなるだろう。

 IBMは、耐量子暗号に向けて投資している大手通信会社のVodafoneや、金融サービスに向けた応用を模索しているフランスのCredit Mutuel銀行との新たな提携も発表した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]