IT企業の年頭所感

今すべき大切なことを見極め、実現を加速する年に--アバナード・鈴木代表

ZDNET Japan Staff

2023-01-11 13:00

 2023年に向けたIT企業のトップメッセージや年頭所感を紹介する。

アバナード 代表取締役 鈴木淳一氏

 2022年は、コロナ禍を経て社会経済活動の正常化へと進む中、世界的なインフレの加速と急激な円安、長期化するウクライナ情勢など、乗り越えなければならない新たな課題と向き合う1年となりました。

 昨年、当社は2014年から日本法人代表取締役を務めてきた安間裕が9月に会長に就任すると同時に、私、鈴木が代表取締役に就任いたしました。これまで安間が培ってきた礎を元に、新たなステージに踏み出す大きなステップとなった1年でした。就任後、お客さまにとって何が最適かを一緒に考え、推進していくための新しい組織の創立と、支援体制の強化を図りました。また新しい採用の取り組み「アバナード アカデミー プログラム」を開始しました。おかげさまでたくさんの方に関心を持っていただき、この取り組みが日本のデジタル人財育成にも大いに貢献できるものと期待しています。

 ビジネスにおいては、引き続き、クラウド化や基幹システムの刷新だけにとどまらず、企業文化も併せて変革していくような多くのデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する機会をいただきました。その結果、2022年は日本法人として過去最高益を記録し、大きな成長を遂げることができました。お客さまの皆さまに心より感謝申し上げるとともに、日々お客さまと真摯に向き合い、お客さまにとって大切なことを見極め、尽力している社員にも感謝いたします。

 2023年も、不確実で、絶え間なく訪れる変化を受け入れ、それでも前を向いて進まなければならない年となるでしょう。私たちはマイクロソフトエコシステムにおけるグローバルリーダーとして、お客さま、社会から信頼されるDXリーディングカンパニーの地位を確立すべく、社員一丸となって変化と進化の歩幅をより一層大きいものにし、前進していきたいと思います。

 今後も、お客さま、社会にとって何が大切なのか、何をすべきかを見極め、そしてその大切なことを実現するため、より一層お客さまに寄り添い、当社のパーパスである、お客さまにより良い影響(真のヒューマンインパクト)を与え、より良い世界と社会を実現してまいります。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]