豊田通商やIIJら、ウズベキスタン国営の通信事業者から「通信インフラ発展プロジェクト」受注

大場みのり (編集部)

2023-01-27 15:10

 豊田通商、インターネットイニシアティブ(IIJ)、NEC、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は1月27日、ウズベキスタン国営の通信事業者ウズベクテレコムから、同国の通信環境を大幅に改善する基幹通信システムのデータセンターと通信インフラの整備を行う「通信インフラ発展プロジェクト」を受注した。同システムは2023年から順次納入され、稼働を開始する予定だという。

 ウズベキスタンではさまざまな業界がデジタル化する中、データ通信需要の急速な増大に対して情報通信インフラの拡充を進めており、通信品質の向上や都市部と農村部のデジタルデバイドといった社会課題の解決を目指している。こうした背景のもと、ウズベキスタン政府はデジタル化戦略「デジタル ウズベキスタン2030」においてデジタルトランスフォーメーション(DX)と最新の情報技術の導入を推進していくことを決定した。

 デジタル ウズベキスタン2030に基づいて発足した同プロジェクトにおいて、4社はウズベクテレコムからウズベキスタン主要3都市(タシケント、ブハラ、コーカンド)に設置されるデータセンター、通信トランスポートネットワークとデータネットワークの拡張、国際データ通信ネットワークを拡張するための通信機器などを受注した。これにより、ウズベキスタンの情報通信インフラの高速・大容量化、通信品質の向上が見込まれるという。

 4社は、同プロジェクトを通して今後もウズベキスタンをはじめ中央アジアを中心に同地域における便利で快適な社会の実現と持続的な産業発展に貢献するとしている。

 同プロジェクトにおいて豊田通商は、プロジェクトの単独主契約者として全体を取りまとめ、プロジェクトのスムーズな進行に取り組む。

 IIJは、データストレージと処理センター(データセンター)の構築案件において、同社のコンテナー型ITモジュール「co-IZmo/I(コイズモアイ)」の提供、クラウドプラットフォームの構築、ウズベクテレコムのデータセンター運用担当者への教育などを行い、ウズベキスタンの持続可能なデジタルインフラの発展を支援する。

 NECは、ウズベクテレコムの通信トランスポートネットワークおよびデータネットワーク拡張案件において、長年にわたってウズベキスタンの通信インフラを支えてきた経験を生かし、光波長多重通信機器の提供やウズベクテレコムの運用担当者への教育などを行い、国家の基盤となる通信インフラの運用を支える。

 NTT Comは、ウズベクテレコムの国際データ通信ネットワーク拡張案件において、大規模通信ネットワークの機器提供やウズベクテレコムの運用担当者への教育などを行い、ウズベキスタンにおける国際データ通信ネットワークの拡大を通して同国のDXの実現を後押しする。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]