エクサウィザーズ、第一三共にデータ統合活用プラットフォームを提供

NO BUDGET

2023-01-30 16:39

 人工知能(AI)サービスのエクサウィザーズは、第一三共が掲げる「トータルケアエコシステム・プラットフォーム」の構築による「Healthcare as a service」の実現に向けたコアパートナー企業として参画すると発表した。

 トータルケアエコシステムは、ウェルビーイングの実現を目標に、健康医療領域の企業や団体、データプロバイダー、IT企業などが協働することで、健康促進から予防・治療・予後ケアにまでわたるトータルケアソリューションの創出、提供を目指すもの。エクサウィザーズは、その実現に向けた各種企画・設計の支援から、デジタルヘルスプロダクトの開発、トータルケアプラットフォームの構築に向けたデータ統合活用基盤の整備や検証を行うという。

 これらの取り組みでは、オンコロジー(がん)領域を皮切りに、医療従事者および患者向けのアプリケーションの開発や、ウェアラブルデータを含むアプリケーションからの取得データに基づく予測アルゴリズムの構築を行う。アルゴリズムの構築には、独自に保有するAIプラットフォーム「exaBase」を活用する。

データ統合活用基盤の概要
データ統合活用基盤の概要

 なお、データ統合活用基盤の構築では、エクサウィザーズが独自に保有する医療・ヘルスケア分野に特化したデータ活用基盤「exaBase Healthcare Data Platform」を活用する。

 今後はさまざまなパートナー企業とともに、オンコロジー領域にとどまらず、患者や生活者を対象とした新たなソリューションやプラットフォーム機能の拡充を行っていく予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]