KOMEHYOオークション、「WOVN.io」導入で入札サイトを多言語化

河部恭紀 (編集部)

2023-02-08 10:19

 Wovn Technologiesは2月7日、ウェブサイト多言語化ソリューション「WOVN.io」をKOMEHYOオークションが入札サイトとコーポレートサイトで導入し、多言語での対応を開始したと発表した。

 コメ兵ホールディングス傘下のKOMEHYOオークションは、中古品及び新品の宝石・貴金属、時計、バッグ、衣料の業者間オークションの企画・運営・管理などを事業とする。

 同社は、会場でのライブオークションを開催していたが、2020年5月に会員登録・出品・落札をオンラインで完結できるオンライン入札システムの提供を開始。オンライン化により場所や時間の制約がなくなったことで、これまでは参加が難しかった顧客も参加できるようになり、会員数が大幅に増加し、2021年には入札件数も前年比3倍以上と急成長した。

 会員は、国内のみならず海外でも増加傾向にあり、海外の会員により安心して入札してもらうには入札サイトとコーポレートサイトの多言語対応が必要と考えたという。

 多言語化では、日々変わっていく商品情報をスピーディーに翻訳することが課題となった。特に入札サイトの場合、商品の入れ替えも多く、人力で翻訳する従来の方式では、情報をリアルタイムに多言語で発信していくことが難しくなる。

 WOVN.ioの「未翻訳箇所の自動検知」機能は、情報の変化をすぐに検知し、自動で翻訳することを可能にする。また、今後の海外展開に合わせて柔軟に言語拡張可能な点や、画面を見ながらスムーズに翻訳確認・修正ができる「ライブエディター」機能も評価されているという。

 KOMEHYOオークションは、WOVN.ioの導入により、入札サイトとコーポレートサイトで英語と中国語(簡体字)での表示を可能にした。入札サイトでは、出品されている商品情報をリアルタイムに翻訳するとともに、会員情報などの個人情報を翻訳除外するなどセキュリティも意識した運用を行っている。コーポレートサイトでは、国内のニュース情報を除外するなど、提供地域に合わせたきめ細やかな対応を行っている。

入札サイト
入札サイト
コーポレートサイト
コーポレートサイト

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]