車体フレーム製造のエイチワン、オラクルの製品群で経営プラットフォーム構築

NO BUDGET

2023-03-31 14:23

 エイチワン(埼玉県)は、会計・連結・購買までシームレスに統合された単一の経営プラットフォーム構築を目的に、「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning(ERP)」と、その製品群である「Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)」、「Oracle Fusion Cloud Supply Chain & Manufacturing(SCM)」を含む「Oracle Fusion Cloud Applications Suite」を採用した。製品を提供する日本オラクルが発表した。

 エイチワンでは、グローバル全体で単一のプラットフォームを利用することで、情報の一元管理に加え、ガバナンスを強化するとともに、業務の均質・効率化による生産性向上、将来に向けたシミュレーションが可能な収益管理ができるとしている。

 Oracle Cloud ERPの導入により、子会社の仕訳明細データ収集の自動化や、連結決算業務におけるグループ会社間取引の照合業務の自動化が可能になる。また、Oracle Cloud ERPとOracle Cloud EPMを活用することで、グローバルの経営データを可視化、リアルタイムに実績を把握し、ドリルダウンによる原因特定や、シミュレーションを使った将来予測・施策の立案から経営報告までを同一のプラットフォーム上で実行できる。

 エイチワンは、自動車の車体フレームの開発・生産を主力事業とし、グローバルで事業を展開する企業。同社の既存の経営管理の仕組みでは、グローバル全体の経営データに連動性がなく、どこの国のどの事業で何が起きているかをリアルタイムに把握できなかった。またどの事業に注力し、どこで利益を得るかなど、迅速かつデータドリブンな意思決定が困難だったといいう。

 そこでグループ全体での会計・購買ガバナンスの強化、連結決算におけるデータ収集と決算業務の効率化、マニュアル作業から脱却し、経営分析などより戦略的な業務に注力することなどが求められていた。

 同社は、今回導入した製品について、常に最新のテクノロジーを活用できるSaaSであるため、変革期にある業界の変化にも迅速に対応できると評価し、導入に至った。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「ゼロトラスト」はもはや時代遅れ? 安全なアクセスを可能にする「ZTNA 2.0」実現方法を解説

  2. クラウド基盤

    苦節10年、Microsoft がようやくたどり着いた ユーザーのための最新ハイブリッドクラウド

  3. セキュリティ

    最適なゼロトラスト移行アプローチに役立つ、NIST/CISAの「ゼロトラスト成熟度モデル」を解説

  4. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  5. セキュリティ

    2023年版グローバル脅威レポート--サイバー攻撃の手口とレジリエンスを高めるポイントを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]