NEC、ファイルサーバー統合管理ソフトの最新版--セキュリティ対応など強化

ZDNET Japan Staff

2023-04-12 11:15

 NECは4月12日、ファイルサーバーを統合管理するソフトウェア製品の最新版「NEC Information Assessment System(NIAS) V5.1」を発表した。セキュリティ対策関連の新たなオプション機能を追加するなどしており、17日に受注および提供を開始する。

 NIASは、ファイルサーバーの稼働状況や、保存されているデータ資産のアクセス権限などの監視、個人情報といった機密性の高いデータの可視化などの機能を備えるファイルサーバー運用管理のソフトウェア製品となる。

 最新版で同社は、新たなオプションとして「ログ監視」機能を追加した。昨今ではランサムウェアによるファイルやデータの破壊(不正な暗号化など)による被害が多発していることを踏まえ、新機能では管理対象ファイルサーバーのアクセスログの取得や検索を行え、ランサムウェアの攻撃活動や大量のデータ削除などを迅速に検知して、管理者に通知する。

ランサムウェアによる影響を検知した際のイメージ(NEC資料より)
ランサムウェアによる影響を検知した際のイメージ(NEC資料より)

 また、この機能で対象ファイルサーバーの死活監視や転送性能の監視も行え、例えば、一定期間に接続不可になったり、転送速度に低下が見られたりした場合に、管理者にアラートを通知して、迅速に対処できるよう支援する。各種の状況をPDFファイルでレポートすることもできる。

 最新版では、この他にダッシュボードで個別に分析、可視化されていたファイルサーバーの容量の推移や増加予測、傾向分析などの項目を一覧のPDFファイルでレポートできるようにした。分析項目に「容量が増減したフォルダの情報」と「不適切なアクセス権の件数・増減の情報」も追加されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]