アイエスエフネット、介護や性的指向に関する専門相談窓口を社内に設置

大場みのり (編集部)

2023-05-22 14:18

 ITインフラ企業のアイエスエフネットは5月19日、介護に関する相談窓口、LGBTQIA(性的マイノリティーの総称)やSOGI(性的指向と性自認)に関する相談窓口をそれぞれ社内に設置したと発表した。

 昨今、高齢者の人口増加に伴い、介護と仕事を両立しなければならない労働者人口が増加傾向にある。同社従業員の平均年齢は2022年度現在で34歳だが、将来を見据えて介護と仕事の両立を支援する体制の強化に取り組んでいるという。

 その一環として今回、介護支援に関して専門的な知見を持つ部門に相談窓口を設置。介護では突発的な問題が発生するほか、介護の期間や方法も多岐にわたるため、介護専用窓口を設置することで従業員の不安解消を図る。

 また同社は、ダイバーシティーとインクルージョンと掛け合わせた「ダイバーイン雇用」を行っており、雇用と職業におけるあらゆる差別を禁止して多様性の尊重に取り組んでいる。そこで、多種多様な従業員が互いの考え方の違いや個性を受け入れながら、共に成長していく環境を構築するため、LGBTQIAやSOGIの専用窓口を設置した。同社は専門家と連携し、対象となる従業員がより良く働ける環境づくりを行うとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]