NEC、曖昧な外観属性から人物を検索する新技術--実証では平均2分で発見

NO BUDGET

2023-05-23 13:25

 NECはカメラ映像を分析し、人物の性別、服・帽子・靴の色や形状など曖昧な外観属性情報から特定の人物を高速・高精度に検索する「あいまい検索技術」を開発した。同技術は、施設内の迷子捜索などに活用できるという。

 同技術は、カメラに映っている人物の視覚的な特徴から、性別、上下それぞれの服や帽子、靴の色・形状、カバンなどの持ち物の情報といった100以上の属性情報をAIによる推定の確信度とともに付与する。

 例えば、服装の色について記憶が誤っている場合や、光の加減によりAIによる推定が事実と異なる場合など、検索条件の一部に該当しないものがあっても候補から排除することなく対象人物を見つけられる。顔画像を使用しなくても外観属性の推定が可能だという。

検索システムの画面
検索システムの画面
※クリックすると拡大画像が見られます

 NECが実施した実証では、人の往来が激しい14カ所のエリアを撮影し、1000人以上が映る1時間程度のカメラ映像から、同技術を用いて平均2分で対象人物を発見できると確認した。

 NECは2023年度中に、提供中の「NEC 映像分析基盤」で同技術を実用化する予定。迷子捜索に加え、来場客の属性情報を分析するマーケティング領域などへ適用を進めるとともに、ECサイトにおける検索体験の向上など、映像分析以外の領域にも応用することを検討している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]