Microsoft Build

MS、AIツールをまとめた「AI Hub」を「Microsoft Store」内に新設へ

Allison Murray (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-05-24 11:57

 まもなく「Microsoft Store」内で厳選された人工知能(AI)ツールを探して利用できるようになる。Microsoftが米国時間5月23日、「Microsoft Build」イベントで発表した

提供:Microsoft
提供:Microsoft

 Microsoft Storeの新しい「AI Hub」は、最高のAI体験を推進するだけでなく、AIの使用を開始・拡大する方法についての有益な情報を提供する。

 同社によると、「Luminar Neo」「Lensa」「Descript」「Krisp」「Podcastle」「Gamma」「Copy.ai」「Tripnotes」などのツールが利用可能になるという。つまり、履歴書の作成から旅行の計画まで、あらゆることにAIを利用できるようになる。

 AI Hubは、AIのさまざまな利点をまだ試したことのない人や、どこから始めればよいか分からない人にとって、特に便利なものになるだろう。同社は、顧客が新しいAIを使用して生産性をさらに高められるようにするため、今後、さらに多くのツールをAI Hubに追加していく計画だと述べている。

 Microsoftによると、AI Hubのすべてのコンテンツとツールは、セキュリティ、ファミリー向けの安全性、デバイスの互換性についてテストされるという。AI HubがMicrosoft Storeで利用可能になる具体的な時期は明かされなかった。

AI Hub
提供:Microsoft

 顧客がより適切なゲームやアプリを選んでダウンロードできるように支援するため、Microsoft Storeには、ほかのAI機能も追加される。AIによるレビュー生成機能は、ゲームやアプリの最も有用なレビューを要約してくれる。これにより、ダウンロードすべきかどうか判断するときに、大量のレビューに目を通さなくても済むようになる。

 開発者向けには、AIを活用してアプリの「Search Tags」(検索タグ)を生成・提案するツールがパートナーセンターに導入される。AIによるこのキーワード生成機能により、検索結果内でアプリが発見されやすくなるという。さらに、同社は6月からBing.comの検索結果に「Microsoft Store Ads」を表示する予定だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]