KDDI、データクリーンルームでスポーツの視聴機会を創出・拡大

ZDNET Japan Staff

2023-06-27 17:07

 KDDIは、AbemaTVが運営する動画配信サービス「ABEMA」とのスポーツの視聴機会の創出・拡大に向けたデータコラボレーション基盤に「Snowflake データクリーンルーム」を採用した。Snowflakeが6月27日に発表した。

 KDDIとAbemaTVは、これまでサッカーファンの拡大に向けた応援番組の共同制作や配信などコンテンツの提案を通じてスポーツファンの拡大を進めてきた。さらに近年のスポーツ観戦スタイルの多様化に伴うスポーツの視聴機会の創出・拡大に向け、両社はデータコラボレーションと、コンテンツの共同調達・制作を通してスポーツファンの拡大・文化の発展を目指している。

 Snowflakeのデータクリーンルームは、セキュアかつプライバシーに配慮したデータ共有・活用を実現する仕組みが評価された。Snowflakeは、AbemaTVが保有する視聴履歴などの顧客データと、KDDIが保有するビッグデータを活用し、顧客一人一人のライフスタイルに合わせてスポーツ番組をレコメンドする仕組みの開発を支援する。

画像1

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]