松岡功の一言もの申す

日本企業の基幹システムは進化しているのか--日本オラクル社長が語った問題提起とは

松岡功

2023-07-13 10:00

 日本企業の基幹システムは果たして進化しているのか。デジタルトランスフォーメーション(DX)が進展しつつある中で、この問題がますますクローズアップされるようになってきた。そんな折、日本オラクル社長の三澤智光氏からこの点について興味深い問題提起を聞くことができたので、今回はこの話を取り上げたい。

三澤氏が語った基幹システムへの2つの問題提起とは

写真1:記者会見に臨む日本オラクル 取締役 執行役 社長の三澤智光氏
写真1:記者会見に臨む日本オラクル 取締役 執行役 社長の三澤智光氏

 日本オラクルは先頃、今後の事業戦略について記者説明会を開いた。その内容については速報記事をご覧いただくとして、説明に立った三澤氏が事業戦略の話に入る前に「私がこれまで考えてきたこと」として語った2つの問題提起が興味深かったので紹介しよう(写真1)。

 まず1つは、「レガシーモダナイゼーションは必須」であることだ。同氏はこの点について次のように語った。

 「私はこれまで、基幹システムにおいてはレガシーモダナイゼーションやミッションクリティカルシステムの近代化が必須であることを言い続けてきた。『レガシーシステムは塩漬けにしておけばいい』との意見もあるが、それは明らかに間違っていると思う。なぜならば、新しいビジネスモデルに追随していかないと、日本企業の競争力が劣化してしまうからだ」

 「これからWeb3のような新しい時代が来るとも言われているが、ヒト、モノ、カネに関する正確なデータを利活用できる環境を整えておくことは、日本企業が競争力を発揮するために必須だと、私は思っている」

 「それから、残念なことに、日本企業のレガシーシステムやミッションクリティカルシステムのほとんどは、定期的にパッチを当てたりアップグレードしたりする習慣がない。指数関数的にセキュリティのリスクが高まっている中で、やはりレガシーシステムにおいてもクラウド技術を使ってしっかりとモダナイズを行い、定期的にパッチを当てたりアップグレードしたりできる環境を整えていくのも大変重要なポイントだと考えている」

 もう1つの問題提起は、「5~10年先の技術進化を見据える」ことだ。この点については、次のように語った。

 「これまでの5~10年を振り返ると、コンシューマーIT分野はとんでもなく進化したと思う。一方、エンタープライズIT分野も同じように進化したかというと、私はそうでもなかったのではないかと見ている。ただ、これからの5~10年先を見据えると、いよいよエンタープライズIT分野の進化がダイナミックに動き出すのではないかと。そのドライバーとなるのはAIだ。AIがエンタープライズITをどれくらい進化させていくか。私が見通しているだけでもとんでもないことがこれから起こると思っている」

 「そうなると、5~7年のサイクルで更新してきた日本企業の基幹システムは、これまではそれほど技術的負債はなかったかもしれないが、これからは大きな技術的負債が深刻な格差を生むことになるだろう。AIをはじめとした最新の技術がエンタープライズITにもこれからどんどん組み込まれていく。そうした進化を享受し続けていただけるようなシステムを、私たちとしては提供し続けていきたい」

 三澤氏は図1を示しながら、このように熱い思いを語った。そして、こうした考えに基づいて、今後の事業戦略を練ったという。

図1:三澤氏が語った2つの問題提起(出典:日本オラクルの会見資料)
図1:三澤氏が語った2つの問題提起(出典:日本オラクルの会見資料)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]