みらい翻訳、「時短メール英作文サービスβ版+」を提供--英作文を支援

河部恭紀 (編集部)

2023-07-14 11:54

 企業向け自動翻訳システムを提供するみらい翻訳は7月13日、英作文を支援するサービス「時短メール英作文サービスβ版+」の提供を開始した。

 業務で英語を使用する場合、日常的に多くの時間と労力が割かれているのがメールやチャット向けの英文作成だという。これらのテキストコミュニケーションでは、円滑な人間関係のための言語的配慮である「ポライトネス」が非常に重要だが、母語ではない言語でポライトネスを判断するのは容易ではないとみらい翻訳は説明する。誤った使い方をすれば、ビジネス上のトラブルにもつながりかねない。

 時短メール英作文サービスβ版+は、英文作成時に避けられないポライトネスの問題に着目。ニューラル機械翻訳(NMT)と大規模言語モデル(LLM)を掛け合わせて設計することで、利用者のAI理解や英語力に関わらず、英作文業務を効率化する。

 メールをはじめ、さまざまな文章作成に利用でき、日本語で書かれた箇条書きからでも英文を作成できる。逆翻訳機能により、作成された英文の精度を逆翻訳された日本語で確認することもできる。「より丁寧な表現に」など、英文のチューニングも簡単にでき、適切なポライトネスが担保される。個々の単語の意味や例文も画面内で表示し、それらを確認しながら英文を調整できる。

画像1

 時短メール英作文サービスβ版+は、みらい翻訳初となる個人向けサービスで、無償で利用できる。入力した情報の漏えいや二次利用リスクがないセキュアな環境で提供されているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]