AI insideと鹿島建設、AIとドローンを活用した資機材管理システムを開発

NO BUDGET

2023-07-21 13:41

 AI insideは、鹿島建設と共同で、AI insideのマルチモーダルによるAI統合基盤「AnyData」を利用した「AIとドローンによる資機材管理システム」を開発したと発表した。

 従来、人が巡回や目視で行っていた資機材管理業務をデジタルツイン上で行うことを可能とし、現場職員の安全性と作業効率の向上を実現するという。既に鹿島建設が施工する建設現場で導入されており、現場職員の業務時間を約75%削減する有効性が確認されたとしている。

現場3Dモデルでの資機材管理イメージ
現場3Dモデルでの資機材管理イメージ

 AnyDataはAI開発・実装に求められるデータ基盤や学習基盤、運用基盤といった基本機能を全て包含したAI統合基盤。AI insideのテクノロジーを複合的に活用し、数値・画像・テキストなど、さまざまな形式のデータを関連付けて処理できる。

 同システムでは、ドローンで空中から撮影した工事現場の画像を基に、現場に点在する資機材の名称や位置を特定するAIモデルをAnyDataにて生成し、これを鹿島建設の現場3Dモデルと連携させる。ドローンの空撮映像から自動で資機材を検知するとともに、同3Dモデル上でそれらの名称や位置を表示・管理することができるという。

システムのフロー図
システムのフロー図

 引き続き両社は共同で、検出できる資機材の拡充や検出精度の向上をはじめとしたAIモデルの高度化を進める。また、現場3Dモデルにおける検索性を高めるための資機材データベースの機能追加などを進め、「建設現場におけるモノのデジタルツイン」をより高度かつ網羅的に実現させるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]