ワークスアプリ、「HUE Asset」と「Dynamics 365」を標準連携

藤本和彦 (編集部)

2023-08-21 12:22

 ワークスアプリケーションズは8月21日、固定資産管理システム「HUE Asset」とクラウド型ERPサービス「Microsoft Dynamics 365」の連携を開始したと発表した。

 大手企業の固定資産業務では、国内の税制に沿った償却計算や税務申告、特にメーカーは工場設備の親子資産管理、小売企業は店舗ごとの減損兆候判定など、業種・業態に応じて多岐にわたる業務要件が求められている。

 海外ベンダーが開発しているERPを用いて国内外の基幹システムを統合する場合、こうした日本独自の業務要件に対応するための別のソリューションとのつなぎ込みが発生しやすく、ERP導入時に切り出して対応をするケースもあったという。

連携イメージ(出典:ワークスアプリケーションズ) 連携イメージ(出典:ワークスアプリケーションズ)
※クリックすると拡大画像が見られます

 そこで同社は、日本での固定資産管理に特化したHUE Assetと、グローバルで展開されている「Dynamics 365 Finance」を標準ツールで接続可能にし、システム構築時のシームレスな連携を実現する。資産の償却や除売却仕訳のほか、リースや不動産の支払連携、マスターの同期、購買・買掛金データに基づく建設仮勘定の計上など、大手企業の要件水準に対応するとしている。

 ワークスアプリケーションズと日本マイクロソフトは、今回の製品連携によりパートナーとしてのソリューション提供を強化していく。共催セミナーの開催やパートナー企業との連携など販売面での強化も図る。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]