オプテージ、コンテナー基盤構築に「Red Hat OpenShift」を採用

NO BUDGET

2023-10-10 07:16

 オプテージは、「Kubernetes」ベースのコンテナー管理プラットフォーム「Red Hat OpenShift」を導入した。レッドハットが発表した。

 オプテージは、独自の光ファイバーネットワークを活用した高速で高品質な情報通信サービスに加え、携帯電話やエネルギーなどのサービスを顧客のライフスタイルに合わせて提供する関西電力のグループ会社。

 同社では顧客ニーズへの柔軟な対応を目指しており、社内ではSystem of Engagement(SoE)領域のアプリケーション要件が増大していた。そして、現在のニーズを満たし、将来的な技術革新に備えるには、コンテナー基盤を用いてクラウドネイティブなアプリケーションをより迅速かつ大規模に開発管理することが求められていた。

 OpenShiftの導入によってインフラの可用性が向上し、社内のユーザー数は着実に増加。サービスを市場に投入する俊敏性や即応力も向上しているという。またレッドハットによるサポートの下、OpenShiftの導入運用を行うことで、経験の浅いメンバーを含む少人数の体制で社内PaaSとしての導入を実現できた。

 「Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes」と「Red Hat Quay」も合わせて導入している。

 Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetesは、セキュリティポリシーを組み込んだ単一のコンソールから、クラスターとアプリケーションの管理、可視化、制御を提供する。

 Red Hat Quayは、マルチクラウド/マルチクラスター環境下で利用できるコンテナーレジストリーの必要性から導入された。同製品は分散したデータセンターやクラウド環境のコンテンツを管理するためのプライベートレジストリープラットフォームとして機能する。

 今後は、これらの基盤上でアプリケーションのライフサイクル全体の効率化や、「Red Hat Application Foundations」、特に「Red Hat 3scale API Management」を用いた社内システム連携の高度化を図っていく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]