サービスナウとNTTコムウェア、「IOWN」の運用支援などを共同開発

ZDNET Japan Staff

2023-10-17 16:49

 ServiceNow JapanとNTTコムウェアは10月17日、NTTの次世代通信基盤「IOWN」の運用支援などに向けた共同開発を含む協業を開始すると発表した。

 両社は、以前からServiceNowのITサービス運用(ITSM)製品を活用して、NTTグループのDX推進におけるサービス運用プラットフォームを構築、展開しており、業務プロセス改革によるコスト削減や顧客満足度向上に取り組んできたという。

 今回の協業でServiceNowは、「IOWN Global Forum」への参加を申請した。IOWNのサービス運用をグローバルで効率化・高度化し、サービス品質やオペレーターの運用効率の向上をNTTコムウェアと共同で推進するとしている。

 具体的に協業では、NTTコムウェアがServiceNowの「デザインパートナープログラム」を通じて、通信向けソリューションを国内で初めて適用する。これにより、IOWNに準拠した通信機器をServiceNowの通信向けソリューションで管理できるようにする。国内外の通信事業者がIOWNの各種機器やサービスをServiceNow上で利用できるようにしていくという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]