村田製作所とIIJ、東南アジアでIoTデータサービスプラットフォームを提供開始

NO BUDGET

2023-11-01 06:40

 村田製作所とインターネットイニシアティブ(IIJ)は、データビジネスに必要なサポートをワンストップで提供するグローバルIoTデータサービスプラットフォーム「Crossborder Co-DataBiz Platform」を開発し、商用提供を開始した。

 村田製作所は、IIJグループの東南アジア現地のクラウド基盤を活用し、インドネシアとタイで交通量を可視化する「トラフィックカウンタシステム」によるデータ提供サービスを展開している。両社は、このデータ提供サービスで培ったセンシング、通信技術やデータ分析手法、ビジネスモデルの知見、ノウハウを生かし、今回のCrossborder Co-DataBiz Platformを開発した。トラフィックカウンタシステムは、高精度なセンシングにより、交通量だけでなく、乗用車・大型車など車種情報を分類した交通データを収集し交通情報を可視化する仕組み。

 当面はインドネシア、タイおよびベトナムで提供し、将来的にはマレーシアやフィリピンでの展開も予定している。

Crossborder Co-DataBiz Platformの導入事例
Crossborder Co-DataBiz Platformの導入事例

 同プラットフォームは、データ収集に必要なセンサデバイスやネットワークから、データ活用に必要なクラウド基盤、エッジとクラウド両面のシステム監視・運用まで、IoTシステムに必要な機能を提供する。また、サービス面では、データの収集方法の提案、集めたデータの活用方法および解析の支援、現地資本の現地企業によるデータ販売・販促活動などのビジネス推進に際して必要な体制なども提供する。

 トラフィックカウンタシステムでの運用実績だけでなく、東南アジア各国の法規制にも対応するサービスとなる。堅固かつ安全なプラットフォームとして、「欧州BCR承認」と「APEC CBPR認証」を取得し、高いプライバシー保護レベルが認定されたIIJのクラウドサービスを使用している。

 また、現地の法規制に対応するローカルクラウドと、データ越境に配慮したデータを2次活用するデータサービスクラウドを用意し、データ収集・連携・蓄積、データ解析・可視化に必要な機能を個別にカスタマイズして提供できる。データ保管と活用に必要なセキュリティ対策は、IIJのネットワークサービス「IIJ Safous(セーファス)」により提供される。

 同プラットフォームは、トライポッドワークスがタイで提供を計画している安全運行管理のためのクラウド型アルコールチェックサービス「TRac Cloud」への採用が予定されている。また、日本工営とアーバンエックステクノロジーズがインドネシアで計画中の、車載スマートフォンなどのカメラで撮影した画像を使って路面の損傷箇所を自動検出するシステム「RoadManager」にも活用され、実証実験が予定されている。

 

 Crossborder Co-DataBiz Platformの利用価格は個別見積もり。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]