小売業を変革する「九州リテールメディアフェデレーション」発足--トライアルら参画

大場みのり (編集部)

2024-01-29 12:12

 マーケティングソリューションを展開するSalesPlusは、トライアルカンパニー(トライアル)、ほか3社の九州地方を拠点とする小売企業とともにリテールメディアの連携・拡大を目的とする連合会「九州リテールメディアフェデレーション」を発足したと発表した。

 SalesPlusは、トライアルカンパニーのグループ会社Retail AIと電通グループの共同出資で設立された。同連合会では、SalesPlusが事務局となる。2023年12月に開催された連合会の意見交換会には、小売企業や広告代理店、地元のマスメディアなどの8社約30人が参加したという。

 同連合会では、リテールメディアについての勉強会やセールスパッケージの開発を進め、リテールメディアネットワークとして広告/販促メニューの販売を本格化させることを予定している。既に企業を横断して行っている店内/店頭サイネージの取り組みでは、同連合会に参画している小売企業3社において、2023年10月時点で373店舗に2621台を設置した。

 サイネージの展開では従来、個別に小売企業との打ち合わせが必要だったが、企業横断の取り組みにより一括での発注や入稿が可能となり、トライアルグループが目指す「ムダ・ムラ・ムリの削減」につながっている。複数企業においてサイネージ設置/非設置店舗の売上データを比較した結果、メーカーによっては150%向上を達成したところもあるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]