トライアルとNTT、SCM最適化で連携協定--デジタルツイン活用で流通業界の無駄削減

ZDNET Japan Staff

2024-01-22 13:48

 トライアルホールディングスとNTTは1月22日、デジタルツインコンピューティングによるサプライチェーンマネジメント(DTC-SCM)の最適化を目指す連携協定を締結したと発表した。メーカー・卸・小売のデータ融合を加速し、DTC技術によってリテール業界の店舗運営効率化・物流効率化・顧客価値向上などを狙う。

 トライアルは、流通業界の「ムダ・ムラ・ムリ」をなくすことで社会環境の変革を目指す、リテールDXを推進している。これまでの取り組みとして、リアルとデジタルの融合を通し、データとAIを活用した先進的な試みを行ってきた。一方のNTTは、傘下のNTTスマートデータサイエンスセンタを通じ、都市開発、小売、交通、電力、農業、ヘルスケアなどさまざまな産業ドメインで、DTCによる価値創造と社会課題解決に取り組んできた。

 DTCは、異なる業界やステークホルダーごとに、それぞれ独自のデータに基づきデジタルツインの予測最適化AIを構築し、それらの連鎖によって相乗効果を得ることができるNTTの技術になる。単一のデジタルツインでは実現できない、新しい価値を創造することが可能という。

 トライアルが持つリテール業界の知見・店舗・データと、NTTが持つデータサイエンス分野の知見と技術を生かすことで、DTCによるSCM最適化の実現を目指す。

 具体的な取り組みとしては、トライアルの店舗での実証実験に向けて、次の4項目について2024年1月から共同検討と研究開発を開始する。(1)補充発注自動化(売場における欠品などによるチャンスロス、および廃棄ロスの削減)、(2)物流効率化、(3)プラノグラム(棚割最適化)、(4)1to1マーケティング(ターゲティング型マーケティング)。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]