「LINE WORKS」、「奉行Edge勤怠管理クラウド」と連携強化--勤怠打刻を可能に

河部恭紀 (編集部)

2024-02-13 13:47

 LINE WORKSは2月9日、同社コミュニケーションツール「LINE WORKS」とオービックビジネスコンサルタント(OBC)が提供する「奉行Edge 勤怠管理クラウド」との連携を強化した。

 これまで「奉行クラウドEdge」からの勤怠申請や勤務実績に関する各種通知をLINE WORKS上で受け取ることができたが、LINE WORKS上でボタンをタップするだけで「出勤」「退出」「外出」「再入」といった勤怠打刻ができるようになった。

画像1

 2024年4月の「時間外労働の上限規制」施行に伴い、全ての業種で「現場の残業時間削減」と「労働時間の適正把握」が求められるようになる。企業は法改正後の労務ルールに対応しつつ、現場の残業時間削減のため、さまざまな対策を講じながら変革に取り組んでいるとLINE WORKSは述べる。

 デジタルツールの活用はその一環として注目されているが、建設・物流業界などの現場勤務が多い業種においては、デジタルツールの浸透が進みにくいといった課題に直面しているという。こういった背景を受け、労務に関する業務において、労務管理側・申請側の業務効率化と、現場勤務者のデジタルツールの利用のしやすさを同時に実現するため、今回の機能強化を実施したと同社は説明する。

 LINE WORKSとOBCは、労務に関する業務だけではなく、現場とバックオフィス両方の業務効率化を実現するためのサービスを提供し、課題を抱える企業のサポートを目指すとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]