Google I/O

開発者会議「Google I/O」、米国時間5月14日に開催へ

Imad Khan (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2024-03-15 10:05

 Googleは年次開発者会議「Google I/O」を米国時間5月14日に開催することを、同イベントのウェブサイトで発表した。

Google I/O 2023で設置されたモニュメント
提供:James Martin/CNET

 今回のGoogle I/Oで同社が何を発表するかについての詳細は不明だが、前回の流れを汲むとすれば、引き続き人工知能(AI)の進歩に重点を置くことになるだろう。

 Googleにコメントを求めたが、すぐに回答は得られなかった。

 Google I/Oは、同社が新たな目標や製品、将来の計画を発表する年に1度の主要イベントだ。また、開発者が一堂に会し、Googleが「Chrome」や「Android」などの製品に何をもたらそうとしているのかを知る場でもある。最高経営責任者(CEO)のSundar Pichai氏が登壇するメインの基調講演とは別に、アプリや製品開発の細部について語る開発者向けの講演もある。

 Googleが2023年、AIにどれだけ注力したかを考えると、同社は今後もAI開発にさらに力を入れていくと考えていいだろう。また、12月にリリースしたテキストベースのAIチャットボット「Gemini」の展開についても言及するかもしれない。

 同社は2023年のGoogle I/OでGeminiを予告したほか、同社初の折りたたみ式スマートフォン「Pixel Fold」や、家庭用スマートディスプレイとしての機能を備える「Pixel Tablet」を発表した。より手頃な価格の「Pixel 7a」も披露したことは、今回「Pixel 8a」が登場する可能性が高いことを示している。「Android 15」の詳細が発表される可能性もある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]