セイコーエプソン、EDIクラウドの採用で業務やITシステムを標準化

NO BUDGET

2024-03-21 06:00

 OpenTextは、セイコーエプソンが企業間データ連携のクラウドサービス「OpenText Business Network Cloud Enterprise」を採用したと発表した。

 今回の導入によりセイコーエプソンは、海外を含むグループ共通のEDIシステムを活用して、業務およびITシステムを標準化できる。また、限られたリソースで業務とシステム運用を継続しながら、タイムリーで正確な信頼できるデータ(トラステッドデータ)を基に経営判断ができるようになるとする。

 OpenText Business Network Cloud Enterpriseは、EDIサービスとして、業界・業種・業態を問わず国内外のあらゆる標準に対応している。また、各国のコンプライアンス要件にも対応し、自社による個別対応が必要なくシステムの構築、運用が容易となる。さらに、運用サポートの共通化によりグローバルで統一した管理ができる。

 セイコーエプソンは、ERPの移行に伴い、EDIの統一、標準化を計画していた。そこで、基幹業務をグローバルで統一・標準化できること、標準化によるタイムリーなデータの供給と迅速な経営判断、業務・マスター標準化によるガバナンスの強化を3つの大きな目的として製品選定を行い、今回の採用に至った。

 同社では、これまで社外とのEDI接続を拠点ごとにバラバラに実施していた。しかし、ビジネスのグローバル化や顧客ニーズの多様化が進むにつれ、システムの維持管理が難しい状態になっていた。今後標準のEDI基盤としてエプソングループへ展開し、順法・セキュリティへの迅速かつ確実な対応ができる安全安心な基盤として、将来にわたり活用していく。

 今後、同社はサプライチェーンの可視化も検討しており、そのための基礎となる外部データの重要な供給元として同サービスを活用していく予定だ。また、グループの国内販売会社では、2026年4月までに国内の家電量販店および販売代理店などとのEDI接続を完了し、その後、海外量産製造工場の調達EDIへも展開する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]