マイクロソフト、法人向け「Surface Pro 10」「Surface Laptop 6」を発表

Matt Elliott (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2024-03-22 11:48

 Microsoftは米国時間3月21日、法人向けの「Surface Pro 10」と「Surface Laptop 6」を発表した。Intelの最新プロセッサー「Core Ultra」を搭載するほか、人工知能(AI)アシスタント「Copilot」の専用キーを備えている。

「Surface Pro 10」と「Surface Laptop 6」
提供:Microsoft

法人向けSurface Pro 10

 従来モデルの「Surface Pro 9」には第12世代「Core」プロセッサーが搭載されていた。そのため、第13世代を飛ばして、「Core Ultra 5 135U」「Core Ultra 7 165U」 を採用したことが最大のニュースとなる。性能とバッテリー持続時間も向上しているという。

Surface Pro 10

 前世代と同様、解像度が2880×1920、アスペクト比が3:2の13インチディスプレイを搭載する。ただし輝度は最大600ニトと、前世代の450ニトから33%向上している。

 フロントカメラの画質も1440pとなり、前世代の1080pから強化された。AIを活用した「Windows Studio Effects」を利用すれば、自動フレーミングによって、ユーザーの顔がフレームに収まるように調整できる。

 また、5G接続に対応するモデルを、一部地域で2024年内に提供する見通しだ。

法人向けSurface Laptop 6

 法人向けSurface Laptop 6は、「Core Ultra 5 135H」「Core Ultra 7 165H」プロセッサーを採用し、ウェブカメラの解像度が向上した。13.5インチと15インチのサイズが用意されている。

Surface Laptop 6

 ウェブカメラは720pから1080pにアップグレードされた。こちらもWindows Studio Effectsを利用できる。

 また米国とカナダでは、15インチモデルでスマートカードリーダーを装備するオプションを選択できる。これは政府機関など、セキュリティ要件の高い業界に適している。

 日本におけるSurface Pro 10とSurface Laptop 6のリリースは4月9日で、価格はいずれも20万3280円から。現在、同社ウェブサイトで予約注文を受け付けている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]