琉球大学、AvePoint製品の導入で学内外コミュニケーションを活性化

ZDNET Japan Staff

2024-03-26 10:15

 琉球大学は、「Microsoft 365」の運用支援ツール「AvePoint Cloud Governance」と「AvePoint Policies&Insight」を導入した。AvePoint Japanが3月26日に発表した。

 琉球大学は2015年10月からMicrosoft 365(当時の名称は「Office 365」)の学内提供を始め、2020年には新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、大学と学生間のコミュニケーション手段として「Microsoft Teams」の活用を開始した。リモート授業のほか、学内の学会活動や学⽣のサークル活動などにも積極的に活⽤された一方で、ユーザーが自由にTeams内でのチーム(Teamsにおける複数ユーザーでの協働機能)を作成する状況が生じ、管理が煩雑化した。

 琉球大学は、2023年10月にAvePoint Cloud GovernanceとAvePoint Policies&Insightを導入し、使われていないチームの自動棚卸しやゲスト管理が可能となり、チーム作成については申請制に移行した。特にAvePoint Policies&Insightの導入により、機密情報が含まれるファイルへのアクセス状況や、ゲストユーザーの活動状況のリスク分析が可能となり、「ゴーストゲスト」の自動検出と削除が実現した。

 また、期間無制限のログ蓄積が可能となったことで、学内外とのコミュニケーションにおいてもTeamsの安全な使用を確保するためにログのデータを役立てる。限られたスタッフ数でも適切なMicrosoft 365の運用管理が可能となり、琉球大学では学内外でTeamsを効果的に使用する計画が進められている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]