編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

インメモリデータベースとは?

データをディスクではなくメモリから呼び出すことにより、高速な処理を実現する技術をともなったデータベース管理システム。通常コンピュータではディスクに記録されたデータをメモリに読み込んで、メモリ上のデータをCPUで処理するという流れで動作する。 ディスクからデータを読み出すより、メモリから読み出すほうが応答速度では100万倍程度速いと言われることもあり、データをすべてメモリ上で処理することにより高速な処理ができる。これをデータベースで実現するのがインメモリデータベースである。 具体的な使い道としては、検索処理中心であるデータウェアハウスシステムに使用して分析処理を高速化することなどが考えられる。いくつかの異なったパターンの分析を実施したり、計画された処理だけでなく思いついた洞察を確認することが容易にできる。 検索処理に特化したデータベースでは「列指向」を採用している。最近のインメモリデータベースでは、インメモリ機能とこの列指向をあわせて実装することが 特徴である。列指向はデータベース内部でのデータの持ち方を従来のような行単位(複数項目を持つ1件のデータを単位とする)で持つ のではなく、列単位(各項目ごとを単位とする)でデータを保持する方式であり、各項目ごとにデータを検索できるため処理速度を高めることができる。 データの検索処理を大幅に高速化以外に、更新処理を大幅に高速化ことが難しい課題がある。 製品としては、SAPの「SAP HANA」やオラクルの「Oracle Database 12c インメモリオプション」などがある。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  • IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)
  • アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)
  • プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)
  • 開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても捉えることができる。 ...(続きを読む)
  • Salesforce.comが毎年秋に開催する年次イベント。2016年は、最高技術責任者(CTO)を務めるParker Harris氏は、基...(続きを読む)
  • すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)
  • 柔軟かつ俊敏にソフトウェアを開発する手法。2人1組でコードを書いていく「ペアプログラミング」、完成後のテストから手がける「テストファースト」...(続きを読む)
  • 原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)
  • 小売りや卸、製造業などさまざまな業種を横断して、ものづくり、物流、購買などのプロセスが急速にデジタル化していくこと。既存の仕組みと異なること...(続きを読む)
  • アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

話題のキーワードと記事

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]