2020年のITとは?

2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフラやスポーツの領域など幅広い分野において、ビッグデータやクラウド、モバイル、セキュリティといった切り口で変化が起きそうだ。

関連記事

  • 成長事業の柱に育てるKDDIのIoTビジネス戦略

    成長事業の柱に育てるKDDIのIoTビジネス戦略

    KDDIがIoTビジネスを法人事業の柱に育てる強化に乗り出した。その一環から、2017年2月にクラウドインテグレータのアイレットを、同年8月にIoT通信プラットフォームを展開するソラコムを子会社化する。

  • 広がるドローン・ソリューションにかけるITベンチャー

    広がるドローン・ソリューションにかけるITベンチャー

    ドローン(小型無人機)を使ったソリューション事業が立ち上がりつつある。農薬散布、観光地の空撮から設備の点検・監視、災害対策、危険区域作業などへと広がっている。ドローン・ソリューション専業のブイキューブロボティクスは、市場拡大のチャンスととらえて、完全自動運行を実現する新製品を投入し、新しい市場の創造に挑み始めている。

  • O2Oマーケティングで上場を果たしたITベンチャー

    O2Oマーケティングで上場を果たしたITベンチャー

    スマートフォンなどを活用したマーケティング手法である「O2O」を活用する企業が増えている。アイリッジの業績は好調で、同社製O2Oエンジンといえる「popinfo」を利用するエンドユーザーは、のべ6500万人を超す。

  • 関心高まるデジタルの世界で働く新しい労働者「デジタルレイバー」

    関心高まるデジタルの世界で働く新しい労働者「デジタルレイバー」

    契約や申込などの氏名や住所のデータ入力から資料作成、情報収集といった業務処理を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の関心が高まっている。労働人口減少や働き方改革が追い風になり、RPAを活用する企業が急増しそうな雲行きだ。

  • 日本発グローバルソフトに向けたサイボウズの決断

    日本発グローバルソフトに向けたサイボウズの決断

    グループウエアを展開するサイボウズが、米国市場の開拓を本格的に乗り出す。そのため、業務アプリケーション構築クラウドサービスkintoneを稼働させるクラウド基盤(IaaS)を自社製cybozu.comからパブリックな汎用製品へ切り替えることを決断した。

  • 有力なAI企業を目指し、経営統合するAIベンチャー

    有力なAI企業を目指し、経営統合するAIベンチャー

    AIベンチャーのエクサインテリジェンスと介護×AIを展開するデジタルセンセーションが2017年10月にも合併する。超高齢化など社会の課題解決にAIを活用する有力なAI企業を目指し、経営統合に踏み切ったという。

  • SI事業の転換期を迎えた大手IT企業

    SI事業の転換期を迎えた大手IT企業

    大手IT企業のSI事業が大きな転換期にある。ユーザーが作成した要件をベースに開発する伝統的なSIから大きな収益を得るのが困難になっているからだ。下請けを安く使う手はすでに限界。そこで、富士通はデジタルジャーニーというコンセプトを打ち出し、デジタルイノベータの育成に乗り出した。ユーザーとの新たな関係作りが狙いにある。

    人工知能(AI) IoT
  • 日本発IoTプラットフォームに挑むITベンチャー

    日本発IoTプラットフォームに挑むITベンチャー

    Kiiの経営トップは日本人だが、買収などによって社員の半数は海外の技術者らで占める。開発のトップも日本人だが、スペインとシリコンバレーの技術責任者の3人で製品開発の方向を決めている。「日本人だけだと危機感がなくなる。ぼーっとしていると、不必要になってしまう」

  • ブランドとセキュリティ対策を強化する新興IT企業の理由

    ブランドとセキュリティ対策を強化する新興IT企業の理由

    株式公開を考える経営者が多い中で、なぜ子会社化を選択したのだろう。齋藤CEOは「IoT市場を開拓するため」と説明する。

  • 病気を治療するスマホAPを創造する医療ベンチャー

    病気を治療するスマホAPを創造する医療ベンチャー

    「スマートフォン・アプリが病気を治療する」。そんなアプリの開発に挑んでいるのが、医療ITベンチャーのキュア・アップだ。ニコチン依存症などを治療するアプリの共同研究と承認に向けた臨床研究を大学と取り組んでいる。医療×Techを創造する同社のアプリは、医療現場にどんな影響をもたらすのだろう。

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 Dreamforce

    Salesforce.comが毎年秋に開催する年次イベント。2016年は、最高技術責任者(CTO)を務めるParker Harris氏は、基...(続きを読む)

  3. 3 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  4. 4 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  5. 5 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  6. 6 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  7. 7 エンジニア採用

    IT化の進展によりエンジニア採用が非常に難しくなってきている。技術の移り変わりも早く、10年前のエンジニアの典型的な技術と現在求められている...(続きを読む)

  8. 8 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

  9. 9 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  10. 10 OpenStack

     物理サーバを仮想化技術によって複数の仮想マシンに分けることで、クラウド環境を構築するためのオープンソースソフトウェア。IaaS環境を...(続きを読む)

注目のキーワード

機能部門マネージャー
プロジェクト管理用語として使用する場合、機能部門内のあなたが報告義務を負う人物を指す。通常、あな...
続きを読む
SDN
「Software-Defined Networking」の略。ソフトウェアでネットワークの構成や機能などを定義しようとする...
続きを読む
ライフサイクル
プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトによって生み出される成果を作るのに用いられる...
続きを読む
オープンデータ
オープンデータとは、組織が、特定のデータを著作権や特許などの制限なしで、だれにでも利用、再掲載で...
続きを読む
ビジネスインテリジェンス(BI)
ビジネスに関連する情報を分析、報告、管理、配信する方法論とツール群。アナリティクスで使用されるも...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR