編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Longhornの運命はいかに

David Berlind(ZDNet.com)

2005-07-08 16:58

 Silicon.comのDan Ilettが、Microsoftのセキュリティ関連製品担当プロダクトマネージャMario Juarezの発言を紹介している。「われわれは、Windows XP Service Pack 2を使用するユーザーの割合が期待を下回っていることを認識している。Windows XPが稼働するマシンのうち、SP 2が動いているのは3台に1台しかない。顧客のアップグレード意欲は依然低い」というのがJuarezの言だ。これを聞くと、ある疑問が湧いてくる。Windows XP SP2は、リリースされてすでに1年近くが経ち、無料で手に入り、しかもOSを従来より15倍も安全にするはずのものなのに、XPユーザーの66%近くがアップグレードしていないという(しかも、Windowsユーザーの多くは、XPよりも古いバージョンのWindowsを使っている)。こういう状況なのに、多くのWindowsユーザーがWindowsの次バージョンであるLonghornに関心を持つとMicrosoftは本当に考えているのだろうか?

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]