「ROIを武器にビジネスにコミットせよ」--ITIL著者が運用担当者にノウハウを伝授

日川佳三(編集部) 2005年08月01日 15時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 運用管理体制を整備するためのノウハウを書いた書籍「ITIL」(IT Infrastructure Library)の著者で、米Computer AssociatesのITIL実践マネージャでもあるブライアン・ジョンソン(Brian Johnson)氏--。来日中のブライアン氏が7月29日、企業の運用管理体制のあり方について語った。

米Computer AssociatesでITIL実践マネージャを務めるブライアン・ジョンソン(Brian Johnson)氏

 ITILの導入(運用管理体制の整備)を成功させる秘訣としてブライアン氏は、企業トップからの支持を得ることを挙げる。「理解と支持はROI(Return On Investment)で決まる。運用管理体制を整備することで得られるリターンが何であるのかを提示するのだ。支持を勝ち取るための現実的なノウハウは、支持者に対して短期的に効果を実証することだ。すぐに効果が出る簡単なケースを実証して見せることで、信頼が生まれ、より強い支持を得られるようになる」(ブライアン氏)。

 運用管理の基本として、情報システムはビジネスをサポートするためにあるという意識を持たねばならないという点にも触れた。この上で、ビジネスの成功のためには「運用体制の整備によって得られる利点と運用体制の目標を設定しておき、企業活動に携わるすべての人が理解と目標を共有しておく必要がある」ことを強調した。「業務のフローや運用管理の自動化がITプロジェクトの最終目的になってしまってはならない」というわけだ。

 運用担当者が陥りやすい罠としてブライアン氏は、10〜20年程昔のかつての情報システムでは開発者と運用者が明確に分かれていた点を挙げて注意を促した。「開発と運用では担当者の性格が異なる。開発者はITをビジネスの視点で見る人たちであり、ITを理解しやすいものにする。一方で、かつての運用者は技術的なものの考え方をする人たちであり、理解しやすいものにするという意識は希薄だ。オペレーションが業務開発に与えるインパクトが認識されていなかったからだ」。

 2005年の現在では、運用が開発の役に立つことを理解していない人は少ない。運用によって得られた需要を開発に取り入れ、開発は運用を考えた開発を実施する。運用と開発のサイクルを上手に回すことが重要であるという認識が生まれている。ところが、現実問題としては、運用担当者によるビジネスへのコミットが薄れる場合がある。“ビジネスのサポートをしている”という意識を忘れずにいることが大切というわけだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化