編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本IBMと住商情報、リード・レックスの3社、中堅企業向けERP分野で協業開始

ニューズフロント

2005-08-31 15:00

 日本IBM、住商情報システム、リード・レックスの3社は8月31日、中堅企業向けのERPパッケージおよび生産管理システム分野で協業を開始した。ERPプラットフォームとして「IBM DB2 Universal Database(DB2 UDB)」、「WebSphere Application Server(WAS)」を採用し、各社製品のシームレスな連携を実現する。さらに、サービスおよびサポートでも協力する体制を確立する。

 この協業にともない、住商情報システムは会計系ERPパッケージ「ProActive E2」について、「DB2 UDB、WAS対応版」の出荷を同日より開始した。これにより、すでにDB2 UDB、WAS対応済みとなっているリード・レックスの生産管理システム「R-PiCS V3 Linux」とのデータ連係が可能になった。

 いずれか一方のシステムを導入している顧客は、もう一方のシステムを容易に導入できる。また、両システムを導入するとデータの一元管理が可能となり、データの再入力が不要となる。「再入力に伴う入力ミスが減り、会計業務の負荷軽減、決算の早期化が実現する」(3社)

 ProActive E2とR-PiCSをセット導入する場合、ライセンス価格は約2000万円から。3社は初年度50サイトへの販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]